自己破産徹底ガイド

自己破産と破産を混同している人が多くします。 また、破産は自己破産しかないと思っている人も多いです。 破産は、カッコ良いものではありませんから、昔は、自分で破産手続きする人はほとんどいませんでした。

破産というのは、債権者が債務者を追い詰めるために申し立てるというのが原則だったのです。

破産にもお金が掛かる!

債権者が破産の申し立てをするにはお金が掛かります。手続きの実費と100万円を超える お金を裁判所へ予納強しなければならないのです。 破産申し立ての裁判所費用は、たったの2万円(印紙代)ですが、破産の財産整理を行う破産管財人は弁護士がなるので、 手数料で大金が必要となります。

そこで、消費者金融では、破産申し立てはしないで、厳しい取り立てをすることになります。 こうなると、今度は、債務者が悲鳴を上げるのです。 電話だの、手紙など、毎日の催促でノイローゼにもなります。 これでは、たまらんということで、例外的な破産申し立てが、債務者が自分で 申し立てをする自己破産です。

これは、破産者がやる申し立てだから予納額が少なくて済みます。 裁判所にもよりますが、数万円です。 というのは、大抵は資産などのこっていないから 同時廃止の決定がでることになり、破産管財人などつけない事例がほとんどだからです。 このように自己破産は費用が安くあがり、しかも免責手続きというのがあって、 免責されれば借金が免除になるのだから、うまい方法です。

というわけで、自己破産がはやりになり、今では破産と言えば自己破産 みたいになっています。 当サイトは、自己破産についてのサイトですが、この申し立ても口で言うほど 簡単ではありません。 参考にして活用して下さい。

どのような場合に借金の整理が必要か?

専属の弁護士が丁寧に説明しています。

 借金の返済で悩んでいる方は こちら

自己破産についての基礎知識

● 果たして自己破産することは悪いことなのか?  続きを読む こちら

自己破産の申し立てと手続き

● 破産者の財産はどうなるのか?

免責の手続きと借金の免除

● 個人再生を活用した借金整理について

弁護士などにお願いする場合

● 弁護士をどのようにして探すのか?   続きを読む こちら

自己破産後に起こる問題

● 自己破産したが、生活ができない。

自己破産以外の借金整理法

● 個人再生を活用した借金整理について

 自己破産ガイド

 基礎知識